中古マンションの選び方 「不動産屋目線の選ぶ基準 その参」

=====日々、不動産を探しているお客様みんなが気になる基準とは=====

 

「不動産屋目線の選ぶ基準 その弐」

その一は、「ピンときた」でしたね。

で、その弐は、「駅近」でしたね。

では、その参は?

はい!

「マンション管理」です。

やっぱり、不動産価値を長持ちさせて欲しいわけですよ。

となると、マンション管理でしょ。

新しい時(築10年目)は、良いですが、11年目頃から、徐々に痛みが出てきます。ヒビ、ワレなどと言った外傷ですよね。これは、外から見る事ができます。

「あ~ヒビ発見、このマンションダメ~」というものではありません。一番最悪なマンションは、「ヒビが入っている、手すりがさびている」のに、修繕計画に反映されていないというやつです。

放置。。。放置。。。。

と言うことですね。特にそういうマンションは、「修繕積立がおろそか」「修繕金滞納が多発」という状態可も知れません。修繕は、各自が勝手にやるような状態で、

「たくさんの人と協力し合って建物の価値を高めようという流れの無いマンション」

という感じがしますね。そんなマンションは、朽ちる事が早く。同じ年数でも、古いびて見えます。管理状態、修繕状態を確認することで、マンションの価値を保つことができますよ。

これも、前回の同じく、「ピンとくる」よりも優先されることはありません。どんなに、古びて、朽ち果てようとしてる物件でも、「ピンとくれば」それは、物件があなたを読んでいる証拠。

買いは、今でしょ!

 

続きは、明日。

メールアドレス登録で、ブログの更新が、通知されますよ。
購読希望の方は、下のフォームでメールアドレスを登録!


 


中古マンションの選び方 「不動産屋目線の選ぶ基準 その弐」

=====日々、不動産を探しているお客様を接客していてわかる基準とは=====

 

「不動産屋目線の選ぶ基準 その弐」

その一は、「ピンときた」でしたね。

それは、お客様が必ずおっしゃること。

そして、次は、不動産屋が見て、絶対の条件。

「駅近」

これは、間違いありません。多少、いろんな事を妥協しても、この「駅近」というのは妥協してはいけません。

それは、なぜか?

価値の問題です。「駅近マンション」は、多少古くなっても、最終的に「駅近」というメリットが残ります。それが、駅近でないマンションの場合は、

建物は古い、リフォームはされていない、部屋はせまい、その上、「駅遠い」

となると、もはや・・・ですよね。

あ、でも、「ピンとくる」よりは、優先順位が低いですよ。駅が遠くても、「ピンとくれば」それは、あなたとその物件が通じている証拠です。それは、「買い」です。

 

続きは、明日。

メールアドレス登録で、ブログの更新が、通知されますよ。
購読希望の方は、下のフォームでメールアドレスを登録!


 


中古マンションの選び方 「不動産目線の選ぶ基準 その一」

=====中古マンションの選び方=====

 

「不動産目線の選ぶ基準 その一」

ピンときた。

と思われるかもしれません。お客様は、それぞれ心の中に「選ぶ基準」を持っていらっしゃい

ます。それは、駅近かもわかりませんし、日当りかもわかりません。駐車場かも知れませんし、人通りかもわかりません。セキュリティかもしれませんし、バルコニーの解放感かもわかりません。

しかし! 10人中10人が同じことを言います。 「ピンときた!」

そうなんです。選ぶ基準はもはや感性なのです。

頭で考えるよりも、目で見て感じて、ピンとくる。

これが大事なんですね。なんとも人間らしいじゃないですか。

 


中古マンションの選び方

中古でも新築でも、マンションを購入するとなると、大きな仕事ですよね。

大きな金額の借入を起こすわけですし、失敗したからと言って簡単に、引越しというわけにはいきません。

しっかりを、物件を吟味して選択したいものです。

数多くのお客様が当社にいらっしゃり、数多くの物件を見て、決めて引越しをされていきます。

中古マンションの選び方でも、「誰目線」可によって大きく意見は異なります。今日は、

「不動産屋の目線」から、マンションの選び方を述べてみたいと思います。

 

続きは、明日。

メールアドレス登録で、ブログの更新が、通知されますよ。
購読希望の方は、下のフォームでメールアドレスを登録!