収益マンションの保証金持ち回り 大阪方式とは?

収益マンション購入の大事なポイントとして保証金がどうなっているかということがあります。

買主Aさん売主Bさんより1棟売り居住用収益マンションを1億円で購入した場合について説明します。

例えばそのマンションの売主Bさんが保証金として75万預かっていたとします。返還義務のあるお金ですね。
この入居者に退去時、返還するべきお金を、誰がどの時点で負担するか?

という事に、大阪方式と東京方式がございます。

買主Aさんが、負担する。これが、大阪方式です。つまり、物件価格に含めますよ。「退去時返還せなあかんで~、物件価格には含ませていただきまっけど」、と言う事です。(大阪らしい、ぶっこみ価格ということですね。)ですので、利回りは、物件価格に含めて計算してくださいね。

反対に売主Bさんが、負担する。というより、預かっていたお金を物件価格とは別に精算する。これが東京方式ですね。(東京らしい、きちんと別でという感じですね。)「あ、これが、お客様から預かっているお金です。」と言う感じですね。

おしまい。

 

あわせて読みたい関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>